「DOMANI・明日展 PLUS」京都_文化庁展覧会
文化庁は、「新進芸術家海外研修制度」の...
artist_plus_1_2

「DOMANI・明日展 PLUS」京都_文化庁展覧会

文化庁は、「新進芸術家海外研修制度」の成果発表の機会として1998年から東京で「DOMANI・明日展」開始。今回、はじめて東京以外での機会を求め、京都芸術センターでの開催となる。

「旅」というテーマを設定。本展では、この制度による海外研修をはじめ、さまざまな国や地域を移り住みながら制作活動を行ってきた4名の作家たちの作品を展示する。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-11-1-27-17

移りゆく気配の痕跡によって時の存在を露わにする宮永愛子、光や音、動きを使って身の回りにひそむ一瞬の美や不可思議をとらえる小金沢健人、日用品の人工的な色彩や形態を再構成して生命体や宇宙の循環 を想起させる鬼頭健吾、個人的な体験と歴史的な事実を積み重ねて物語を紡ぎながら隔たる時間と空間をつなぐ長坂有希。

会期:2016年9月17日(土)~10月16日(日)
開館時間:午前10時~午後8時(10月1日は22:00まで)
休館日:無休
観覧料:無料
会場:京都芸術センター ギャラリー北・南

source: DOMANI・明日展

Related Posts